風の音

ネタバレ感想『LaLa2月号』

※ LaLa2月号の感想です。
  コミックス派の方・LaLa未読の方はご注意ください!
  
  今頃・・・感想とか・・・最近感想書くの難しくて・・・( ̄v ̄;)

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

『狼陛下の花嫁』
 王宮へ来て陛下に会う夕鈴。
 狼陛下を怖がってしまったため、夕鈴は硬直。
 それを見た陛下は凍り付く・・・。
 陛下、怯えているように見える(^^;)
 きっと夕鈴に嫌われたり逃げ出されたりしたくないんだろうなぁ。
 いつもならたくさん抱きしめられる時間なのに、全くなくてショックを受ける夕鈴。
 “あんな乱暴な口付けはもうされない、かな”とチクリと心が痛む。
 ↑臨時花嫁の時と同じように上手く気持ちを隠されることが悲しかったみたいに思います。
 時には感情をぶつけて欲しい!みたいな所があるのではないかと。

 「私は今もかつてお前達が望んだ王の姿をしているのか?」と李順に問う陛下。
 後宮に1人とはいえ、唯一の妃がいて・・・陛下もきっと夕鈴と出会う前の自分と今の自分は違うと分かっている。
 きちんと“王”として責務を果たせているのか・・・とか思っていそう。

 で、後宮へ戻る途中にまた現れる恵紀鏡・・・怖い( ̄▽ ̄)
 夕鈴にいろいろ問いを投げかけますが、夕鈴はかわします。
 どうやら恵紀鏡はおじい様から何か頼まれ事をされているよう。
 “王に変化をもたらしたのが妃として・・・もしもそれを失ったら今度は一体どうなるのだろう?”
 と思っているあたり、夕鈴危ない??(; ・`д・´)
 今後の展開の雲行きが一気に怪しくなり始めました。
 
 恵紀鏡と別れた後、陛下がやってきて安定のお姫様抱っこ(*´▽`*)
 どうしても体が強張ってしまう夕鈴に口付ける陛下。
 いろんな気持ちが溢れて、夕鈴から陛下にデコチュー。
 で、ひとまず仲直り(*´▽`*)よかった

 陛下は全てを見せてくれなくて、自分も陛下に上手く言えない感情がある。
 未だ届かない片思いのようだと夕鈴は思うのでした。

 両想いになって夫婦になったけれど、抱えている感情を上手く言葉に出来なくて、苦しい。
 上手く言えないけれど、未だ一方通行の恋する切ない気持ちがあるように感じました。

 
 次号の展開が気になるところです。
 恵紀鏡はもちろんのこと、夕鈴のこの気持ちも今後の流れに絡んでくるのでしょうか。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。真夜中にすみません。
最近の本誌、私はちょっと感想とか書けないなぁっていうか、話がどういう方向に向かうのか…なんか定まってないようで、自分でも整理出来ずにいます。
夕鈴も陛下もどうしたらいいのかわからないみまいな感じで、戸惑いの回再びという展開にちょっと感想は難しいなと。
とりあえずなんか不穏な気配はしますよね。次は何か動きがあるのか、気になるところです。

もも様

お返事遅くなり、申し訳ありません。
ネタバレ感想、お待たせしておりまして・・・|ω・`);
最近のお話は感想を書くのが難しくて。
そんな風に思っていただけているなんて(*´ω`*)
ありがとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
更新頑張ります(`・ω・´)ノ

まるねこ様

こんばんは。
そうですよね(>_<)
私もいつもは勢いにのって感想が書けるのですが、ここ2回はものすごく悩みながら・・・です。
特に夕鈴の感情。
今後の展開がガラリと変わりそうな予感がします(´・ω・`);

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう