風の音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタバレ感想『LaLa9月号』

※ LaLa9月号の感想です。
   コミックス派の方・LaLa未読の方はご注意ください!
   『狼陛下~』以外の作品の感想もあります。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

『狼陛下の花嫁』
 巻頭カラーですね!
 カラーは夕鈴の格好がお洒落でいつもより華やかになって好きですv
 最初の方から辺境時代の陛下がチラリ。
 何て言われたのか気になります・・・!
 夕鈴の巷での呼び名が『泣く子も黙る妖怪妃』にパワーアップしている(笑)
 恵紀鏡は夕鈴に懐いている模様(^▽^;)
 そんな中、出てきた『周宰相と陛下の不仲説』
 陛下に事の真偽をド直球に聞くのが夕鈴らしい。
 陛下も誤魔化してはいるものの嘘は言わないようで・・・。
 どうやら陛下をここ(王都)に連れてきたのが周宰相らしい。
 そして、周宰相にも聞く夕鈴。
 陛下が周宰相に”私生活へは関わらないように”と強く言っているのが、過去にあった”何か”に繋がっているんですよね・・・恐らく。
 「『この国のために』『王のために』貴女は必要な方でございます」と夕鈴に言う周宰相。
 「だけど・・・」とその後に続く言葉(想い)がありそうな気がします。
 そんな事を話していると、現れた狼陛下が本気で怒ります。
 夕鈴は腰を抜かしてしまいます。久々な反応。
 『この国の王と宰相と・・・その周りの人々のフクザツな過去について知っていくことになるのです』
 とのことで、過去話がどんどん進んでいきそうですね!
 楽しみです~(・´з`・)
 陛下と宰相以外にも李順さんとか浩大とか克右さんとか・・・も出てきそうですかね。
 期待✨

 『君は春に目を醒ます』
 絵柄もお話も好きです。
 縞先生の描かれる漫画は現実の世界に1つファンタジーがある設定なので、世界に入りこみやすく読みやすいです。
 今までは絃ちゃんと千遥くんが上手くいくといいなぁ~なんて思っていたのですが、ここにきて弥太郎が可愛くなってきましたよ(笑)
 弥太郎株急上昇中↑(*'ω'*)
 弥太郎→絃→千遥 のこの構図が堪らない✨
 今後どんな展開になっていくのか楽しみです。
  
 来月号は『未完成ピアニスト』も連載再開なので、さらに楽しみです(n*´ω`*n)


 
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。